Hideko Nakatani's site
時間さま 
  
2013年も4月
ずいぶんご挨拶が遅れていますが
今年もよろしくお願いします。


ぁぁ
図々しくても
ほんのり新年のご挨拶したかったんだけど
言葉と色が合っていないよ・・・


「時間さまは高貴なお方だ。スイー。」

カステラ紳士は言いました。
いつだったか、夜中に食べてたとき。


今年の予定は
去年の個展中に決めていました。

2013年は個展をしないで
できるだけ長い時間
制作していようと思ってまス。

最近はふらりふらり
生活習慣も変えてみたり
ぎこちなく楽器に触ってみたり
細胞とか無意識をこちょこちょしています。
知らなかった画法をべんきょうしてみたり。
全然使う予定ないけど。

それでときどき
来年の個展の場所どしよかなーと思ったりしています。

絵が連れてってくれるかなー。


「時間さまは 
 たいせつにされるとつい仲間を呼んでしまう
 とおっしゃっていたよ。もくもく。」

雲閣下は半眠りで
もくもく言いました。

日記 - -
よいお年が来る
寒いのぅ。
寒いのぅ。
これが冬じゃ。
冬じゃのぅ。

やっと掃除も終わって、鏡餅としめ飾りと松も飾って
2012の千秋楽でス。

今年は、本当にいろいろ活動した一年でした。
振りかえってみると

銀座のART CROSS PROJECT 2012
SICF13
GEISAI#17
個展 涙の湖
奥入瀬プロジェクト

今まで個展をする活動しかほぼしてなかったので
今年の目標は、
できるだけたくさんの人に見てもらう。
でした。

なんかこういうのはじめてした年だったけど。
できたかな?
できたとおもう。
て、じぶんに言ってみたり。うんうん。そうだそうだ。

たのしかったです。

いつも見守ってくださってるたくさんのみなさま
出会ってくださったたくさんのみなさま

本当にありがとうございました。

明日は、
2013年の初日じゃのぅ。

日記 - -
Arts Towada Oirase Project Nature×Arts Camp2012
11/16-11/18で
青森県の十和田市・奥入瀬で
十和田市現代美術館を中心としたArts Campに参加してきました。
今、年末だね・・・。

十和田湖周辺や奥入瀬を見学しながら、
そこでArtができることを考えたり、ディスカッションしたり
最終日は十和田市現代美術館にて
公開プレゼンテーションがあるという合宿でした。
参加者は30人くらいだったのかな?

アートプロジェクト、と言ってしまえばカンタンなのですが、
そう言ってしまうと何かちがう、というような
ゼロのところから場所について、美術について
自分の作品について
ただただ深く内観するような時間でした。

ここは十和田市
十和田市現代美術館
初日から
何か青くてカラっとしていた
奥入瀬で
みんなでひたすら見る、知る、考える、しゃべる、うわーって言う
など
を繰り返して


十和田市現代美術館の副館長の藤さんが中心になって、
昼はいろんな建物や場所を見て、
夜は参加者のアーティスト、キュレーターでディスカッション
っていうスケジュールでした。

とまどいながらも、この空気から何か生まれるのを期待しているような
熱みたいのがあった。

作家がそれぞれに、
自分の作品を紹介するような時間があった夜は
お部屋の空気の密度がちがったんじゃないかな、って思う。
日本中あちこちから来ていて、ドイツからの参加者もいて。
それぞれ、とても、ひとりだった。
だから
なんだかいい空気が流れてた。

青森在住の作家さんたちや、活動してる人たちの熱さも
すごかったです。
本当におもしろかったな。

プレゼンテーションは緊張しちゃったけど、いい経験だったし、
すばらしい人たちからいろんなアドバイスももらえて
たくさんの作家さんとたくさん話して。
ドキドキした。

朝6:30からガイドさんとランブリングっていうお散歩もしたよ
苔も見たルーペで見た
苔好きになった
森は苔と細菌でできてるんだって

葉が枯れた枝や木が
岩とか 
うつくしく
くねくね川を横目にバスで十和田湖へ向かう
滝がいっぱいあるよ
葉が落ちたあとの季節は滝がよく見えるんだって
十和田湖
かみさまがいるみたいな
湖だった
今年の個展は湖のこと考えてたからなんだか
お船にも乗りました
鳥はやはりプカプカする


帰ってから、とても大事なことに気がついたような気がしました。
出会えたみなさんにとても感謝のきもち。
また行きたいな。
日記 - -
涙 の 湖 の様子
 

ある日、わたしは湖に行った。
あまりにきもちのいい日だった。

カサッ

足下に紙を見つけた。

何か書いてある。
泥だらけのそれを、私は 読んだ。

そのとき
ふと 空が真上に広がっていた。

私は湖になっていた。



















は、湖になる。
 涙とたのしい涙の割合で
るものは   つ くられていた。
の中から外へ、秘密は現れる。
が、水面に映っている。

涙になったことのない水は、どこかに在るだろうか?
ているものは幻だろうか。

のだ。
という日だろう。

湖になる。



作品 - -
ありがとうございました
今年も個展が終わりました。

絵に会いに来てくださった方
ありがとうございました。

ギャラリーのヨーコさん、マサノブさん
ありがとうございました。

思いを送ってくださった方も
ありがとうございました。

すっかり寒い気温。
ゆっくり書きたいと思っているうちに
今になってしまいました。スミマセン。

胸の奥に確かにあるきもち。
きもちなのかな?
コレハ?

これからの制作の中で
すこしずつ言葉になっていくのかな。

個展の会場の様子は、また改めて載せてみます。

今年は空ばっかり見てた

空っていうか雲っていうか





お知らせ - -
世界中の水
 
個展があと4日です。
30日の17時までです。

少しずつ順調に寒くなってきてるなぁ。
これは今年も冬が来るんじゃないかしら。
もしかして。


涙 の 湖

涙っていうと
かなしい涙のことだと思うんだって?
そうだよなぁ。

うれし涙も
たのし涙ってのも。


水は
ぐるぐる回っている

世界中の水は
一度は涙になったことがある
 



お知らせ - -
涙 の 湖
秋めいてまいりました。
梨食べてますか。
わたしは柿も食べています。

とはいえ、まだかき氷も食べたい。
そんな気持ちも捨てきれない季節の変わり目
もうすぐ個展がはじまります。



中谷日出子個展

「 涙 の 湖 」

2012年9月18日(火)- 9月30日(日)
12:00-19:00(最終日17:00まで)
月曜日休み

       map



ある日、私は湖に行った。
あまりにきもちのいい日だった。

カサッ

足下に紙を見つけた。

何か書いてある。
泥だらけのそれを、私は 読んだ。

そのとき
ふと 空が真上に広がっていた。

私は湖になっていた。

お知らせ - -
雲おもしろい
 
なんだか 
秋がときどき
来てる気がする。

油断している間に
そよっ
としてくるのはアイツだろう。


今は、9月にする個展の準備をしています。
個展は、9月18日からなんですが、そのお知らせは
また今度することにして

その前に

9月2日(日)に
GEISAI#17に出展します。


9月2日(日)
10:00-16:00
東京都立産業貿易センター台東館 7階、6階の2フロア開催
最寄り駅 各線浅草駅


見に行ったことはよくあるんだけど
参加するのははじめて。

人、多い
きっと。

・・・。

ぅわぁ

って
言いそうだから
絵の事だけ考えようと思います。

夏だ
夏だ
秋も





お知らせ - -
なながつ
 
深夜が過ぎて7月になった

7月っていえば
なんかキレイな響きだ

7のせいかな

なんでもないね
なんでもないよ

休日は夜が静かだなー

部屋の模様替えを大々的に行っている

急にどうしたのかしらん



日記 - -
SICF13にて
 
5月はSICF13がありました

時間はそのうち
イツノマニカっていう名前になってもいいと思う

2日間たくさんの人の波の音
みたいな記憶





わくわくも してた



客観的 ということを
なんか
考えていたような


作品 - -
<< | 3/6 | >>