Hideko Nakatani's site
ある人に届いた「ある地球からの手紙」

 

こんにちは。

 

お元気ですか :)

 

 

ミキサーにバナナと牛乳と氷も入れて、

冷たいバナナジュースばかり飲んでいます。

 

作るときにあまったバナナを食べたくてあまらせる、

というのは、

「あまる」ということでいいのでしょおか。

 

 

おいしいよね。バナナジュース。バナナジュース。

 

 

 

 

さてさて。

 

 

 

5月に

「ある地球からの手紙」をopenしました。

 

ありがたいことに、ご依頼があって

7月の下旬にお届けしました。

 

2ヶ月くらいかかりますね。

 

展示した絵や、もともとあった絵をお送りしたことはあったし、

ご依頼されて絵を描いたことも何度かあるのですが、

新しい試みだったからなのかな、文章もあるからなのか

お話という性質なのか。うむうむ。

とても新鮮でした。

 

 

「ある地球からの手紙」は、絵と文章が届きます。

「ある地球からの手紙」についてはこちらに書いています。

 

 

 

*

 

 

説明のしづらい作品をおもってくださったのか 笑

 

ご依頼された方から

載せていいとのことでしたので作品を載せます。

 

本当は、7月に勧めてくださってたけど。

 

お話が届いたあとは

お話の持ち主さんの時間。

ともおもったりして、8月になりました。

 

 

「ある地球からの手紙」は

例えば、こんな感じで届きますよー。

 

 

 

絵と文章。

 

 

 

 

 

 

お話は持ち主さんのものなので、

文章は少しお見せするだけですけど

こんな感じです。

 

 

届いた後に、絵を飾ってある様子を

お写真で送ってくださいました。

 

うれしかった。

 

 

 

 

 

 

 

夜、送る準備がほぼ終わって

おやつを買いに出たら、

 

急にたのしくなって

うわーっと

走り出しそうなきもちになった。。

 

個展とはまたちがった高揚感でした。

 

まだあるんだね、知らない種類の高揚感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色、そのままはむずかしいけど。

 

 

 

*

 

 

 

いつも絵には、タイトルがありません。

ずっとそうだったし

これからもそうなのかなーとおもうのですが、

 

絵と言葉(文字になるもの)の関係がわからない、って考えてしまうって

それは結局、言葉が気になっている。

 

この機会に向き合ってみようとおもって

2つの距離を見つけたのが、「ある地球のお話」でした。

 

絵が挿絵になることなく

文章が言葉だけでなく

説明の外にあるものがいいな。

 

とか。

 

 

サイト上だけじゃなくて、絵が直接見れたらいいな

とも、おもっていたので、

お届けできてうれしいです。

 

 

 

*

 

 

 

「ある地球からの手紙」

ご依頼はこちらからです。

Hideko Nakatani web shop

 

 

じぶんのためにご依頼されたり

誰かへのプレゼント、

お誕生日やお祝いにもよいとおもいます。

 

ラッピングや文字を印刷する紙は

変更することがあります。

 

2ヶ月くらいのお時間をいただくことがありますので

ご希望の日にちがありましたら、

それも「お問い合わせ」から送ってください。

こちらから返信します。

 

 

 

 

 

もう、9月になるなんて。

 

 

もう少ししたら

お散歩も涼しくなるのかなー

 

 

 

 

 

 

 

:) 

 

 

 

 

 

作品 - -
<< NEW | TOP | OLD>>