Hideko Nakatani's site
涙 の 湖 の様子
 

ある日、わたしは湖に行った。
あまりにきもちのいい日だった。

カサッ

足下に紙を見つけた。

何か書いてある。
泥だらけのそれを、私は 読んだ。

そのとき
ふと 空が真上に広がっていた。

私は湖になっていた。



















は、湖になる。
 涙とたのしい涙の割合で
るものは   つ くられていた。
の中から外へ、秘密は現れる。
が、水面に映っている。

涙になったことのない水は、どこかに在るだろうか?
ているものは幻だろうか。

のだ。
という日だろう。

湖になる。



作品 - -
<< NEW | TOP | OLD>>