Hideko Nakatani's site
雪文字

 

もう3日目だ。

まだ降るのかなぁ。

 

 

 

朝から窓の外は雪と

 

風が少し。

 

 

ストーブとセーターを出した

 

 

また秋に戻るのかな。

このまま冬になっちゃうのかしら。

 

 

鈴虫はどうしているのだろう。

 

 

 

 

白い空に

白く薄いものが舞っては

積もっていく。

 

 

 

 

 

 

雪はよく見ると

 

 

 

文字のかたちをしていた。

 

 

 

 

白い文字が

積もって重なると

 

文字とはわからなくなった。

 

 

それをいま、眺めている。

 

 

べつにおもしろくないけど。

 

 

 

 

ちょっときれいだった。

 

 

 

 

 

外は静かで

 

 

予想も準備もできてなかったクルマは

走らず、

 

 

白い文字はなんとなく

騒がしかった。

 

 

 

 

降ってくる

罵詈雑言も

 

 

優しい単語も

 

 

 

ため息も

 

寝言も

 

 

 

アルファベットや

 

どこかの国の文字も

 

 

 

 

 

 

 

おやつの名前も

 

 

 

懺悔も

 

歓喜も

 

 

 

意味のない言葉も

 

 

 

ばらばらの順番も

 

 

 

 

 

 

白く

重なって

 

 

同じ場所に落ちた。

 

 

 

 

文字は

少し心をつついて

 

 

 

 

 

 

積もった雪の中に

消えていった。

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
がるがる

 

きょうは

晴れかしら。

 

 

 

晴れるのかしら。

 

 

 

 

 

 

あのー

 

 

 

お散歩に

 

 

 

行くのかしら?

 

がるがる。

 

 

 

 

歩きながら

歌をうたうつもりです。

 

わぉーん。

 

 

 

 

雨のお散歩は

レインコート。

 

 

草はいきいきして

 

水たまりができる。

 

 

 

 

 

 

晴れたら

 

道はあつくなって

 

 

 

それから

 

 

花はいい香りがして

 

 

それから

 

 

影が動いておもしろい。

 

 

 

 

 

いっぱいあの子と走って

 

いっぱいあの子と遊んで

 

おやつたべる。

 

 

 

 

 

 

これは

 

夕方の匂い。

 

 

 

 

 

昼間が来たら

夕方が来ます。

 

 

 

知っていましたか?

 

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

明日は

 

 

 

 

朝が来るのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
くまは待っている

 

そういえばね

この前、

 

 

料理がうまくつくれる熊に

出会ったんだよ。

 

 

そうだよ。

にんげんがたべる料理をつくれる熊なの

 

 

その熊はね

 

 

 

にんげんと

話してみたいわぁ。

 

 

 

って

こっそり眺めたり

 

 

追いかけたり、逃げられたり

してたんだって。

 

 

 

 

 

 

はじめて

その熊に出会ったとき

 

私もね、逃げたの。

 

 

鈴を鳴らしたけど

熊はこちらに走ってくるし。

 

 

まさか、

 

 

 

やったぁ

にんげんじゃん

しゃべってみたい!

 

 

 

なんておもっているとは

おもわないじゃない?

 

 

あのとき転ばなかったら

いい熊だって

気がつかなかっただろうなぁ。

 

 

 

熊は

 

きのこたっぷりのスープと

お魚とお野菜たっぷりのスパゲッティと

はちみつのソースをたっぷりかけたプリンを

つくってくれて

 

いっしょにたべた。

 

 

たくさんしゃべったよ。

 

 

 

 

いっしょに

絵本もみた。

 

どこで拾ったのか

何冊もあった。

 

 

その熊ってね

笑うんだよ。

 

 

ほっほっほおぉ

 

ほっほーぉ

 

 

 

 

 

 

 

帰りに

赤いエプロンをくれた。

 

ちゃんと綺麗な生地で

 

 

くま

 

 

って、刺繍がされてたの。

 

 

熊は

にんげんに

 

 

くま

 

 

って

呼ばれてることを知って

 

 

うれしかったんだって。

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
眠れない羊

 

羊は羊を数えていた。

 

 

 

羊がいっぴき

 

 

羊がにひき

 

 

 

・・・なんだか

 

 

友だちの顔が浮かんじゃう。

 

 

 

 

眠れないなぁ。

 

いつもは

すぐ眠くなるのに。

 

 

羊は

さっき見たばかりの窓の外を見た。

 

 

 

夜だなぁ。

 

 

はぁ

 

 

 

いつもより

夜だよ

 

 

 

こういうとき

羊は何を数えたらいいんだろ。

 

 

んとー

 

 

 

 

 

 

アイスクリームがいっこ

 

 

アイスクリームがにこ

 

 

ストロベリー味がいいなぁ。

 

 

マンゴーとか

黄色いのもいいな。

 

おっと

 

 

 

アイスクリームがさんこ

 

 

アイスクリームがよんこ

 

 

メロン味もいいな。

 

 

 

アイスクリームがごこ

 

 

アイスクリームがろっこ

 

 

アイスクリームがななこ

 

 

 

 

 

 

眠れないまま羊は

アイスクリームを数えていた。

 

 

アイスクリームは

1000個を超えていた。

 

 

 

 

 

真夜中の静けさと

木々は

気がついていた。

 

 

 

 

ぜんぶストロベリー味だった。

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
ピクニック中でございます

 

わたくしは

ピクニックが大好きです。

 

 

はぁぁー

 

寒くなってまいりましたねぇ。

 

 

 

姫さまは、お昼寝でお眠り中ですので

わたくしは休憩です。

 

 

川辺の芝生の上で、

近所のお気に入りのお店で買った

サンドウィッチとカフェラテ。

 

これがわたくしの「ピクニック」。

 

 

 

 

どんぶらこ

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

どんぶらこ

 

 

 

 

 

桃?

 

なわけないですよね?

 

 

 

・・・

 

 

UFO?

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見ましたけれども。

 

 

えーっと?

 

川を、UFOが流れていますね。

 

 

 

えーっと

 

 

 

 

 

 

 

わたくしだけですか、ここにいるの。

 

 

みなさま、UFOが川を流れていきます。

 

 

 

 

UFOを見たのは初めてですし、

 

UFOが流れているのも

初めて見ました。

 

 

桃だとしても

流れているのは

見たことはないのですが。

 

 

 

 

 

お写真を撮ろうと

サンドウィッチの味も忘れて、

UFOを追いかけました。

 

 

 

 

どんぶらこ

 

 

 

どんぶらこ

 

 

 

久しぶりに走りました。

 

 

 

 

 

 

 

どんぶらこ

 

 

 

こんなにお近くで見ても・・・

 

 

 

 

 

 

あぁっ!

 

 

 

 

 

 

誰か

出てきますっ。

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
プクプク

 

光は泡立ち

 

 

透きとおっている

 

 

 

 

音をたてて

 

 

水の底

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プクプクプク

 

 

 

 

 

 

光は溶けて

分かれて

ぶつかりあい

 

 

笑って

溶けた

 

 

 

 

 

 

 

 

プクプクプク

 

 

 

 

 

 

プクプクプク

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
きのこたちの山

 

小さいきのこが、いいました。

 

 

 

 

ぼくらは「毒きのこ」なの?

 

 

 

 

 

 

きのこたちは

口ぐちにいいました。

 

 

 

・・・毒?

最初から

これだよね?

 

 

 

にんげんがたべたら

しびれるだけでしょ?

 

 

 

勝手にたべといてさ!

 

 

 

カラフルなんだけど。

かわいくないのかなぁ。

 

 

 

かわいいとか、かわいくないとかじゃないんだよ。

毒があるか、ないかで

きのこはえらばれるんだ。

 

 

 

 

山はおもわず、いいました。

 

 

すきなように

生えればいいんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして

 

中くらいのきのこが

いいました。

 

 

 

ところでさぁ、

 

 

 

 

 

 

 

 

毒って、なんのこと?

 

 

 

 

 

 

 

知らない。

 

 

 

知らないわ。

 

 

 

知らないよ。

 

 

 

知らない。

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
初めて空を見た日

 

眠い。

 

 

 

夢ばっかり見ている。

 

 

でも

覚えてない。

 

 

 

 

 

 

 

なんか

たのしかったような。

 

 

なんか

もやっと残っているような。

 

 

なんか

すっきりしたような。

 

 

 

 

たくさん眠ったのに

また

眠い。

 

 

かたい身体をやわらかくしながら、

ぼんやりと天井を見た。

 

 

 

こんな色だっけ?

 

 

 

すやすやと

また眠り。

 

 

 

起きたとき

天井の隙間から、雨が降っていた。

 

肌寒い風も入ってきた。

 

 

 

日にちがたつにつれて、

隙間はゆっくり大きくなっていった。

 

 

 

 

 

 

 

天井は

ぽっかりとあき、

 

 

初めて見た。

 

 

 

それは

空だった。

 

 

 

 

 

今は

空だとわかるけど。

 

 

 

 

それから、

あれが雲。

 

 

 

 

 

 

私は

つぼみの中に住んでいた。

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
猫と影と月

 

どこまでついてくるんだろう。

 

 

 

 

ついてくる

 

 

 

 

ついてきてるよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

友だちになりたいの?

 

 

いっしょに

あるきたいの?

 

 

 

 

涼しくなってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにか

のむ?

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
石は岩だった

 

私は昔、

岩だった。

 

 

いつのことだろう。

 

 

静かな静かな海があった。

そこの

断崖絶壁にある岩だった。

 

 

空を水晶のように鳴らせば

響くような天の星の輪があって

 

 

どこまでが私かわからず、

広大な私だった。

 

 

 

 

 

 

 

たまに人が来たり

鳥も来たし

苔も草も花も生えたし、

 

 

風はいつもきもちよかった。

 

 

今でもきもちいい。

風はそういうところがある。

 

 

 

ずっと動かないと思ってたんだけどなぁ。

 

 

 

岩のときも

石の今も、

それぞれにいい。

 

 

 

 

 

 

 

岩だったとき、私は恋をしたのだ。

 

 

 

美しい衣をまとった

人間の女の人だった。

 

 

 

見ていただけだったけど。

 

 

たまに

私に座って

長い時間、海を見ていた。

 

 

 

 

 

 

何万年前だったかな。

 

 

 

 

 

本当に美しかったのです。

 

 

 

 

 

ある地球のお話 - -
| 1/2 | >>